自分の好きな名前でゆうちょ銀行口座を開設する方法~さらに複数の口座を同時開設するには~

皆さんこんばんは。めたにぃです。

今日はビジネス関連のノウハウをシェアさせていただきたいと思います。



 

それは、

自分の好きな名前(名義)で銀行口座を開設してしまう

というものです。

 

例えば

「エヴァンなんとか初号機」

とか

「氷冷の魔貴族」

なんかの中二病的なもの

さらにはアイドルや芸能人の名前を使って

「山田花子 推しメン」

なんかも作ることが原則可能です。

実際は振込先としてはカタカナで表示されて、

上記の例では

「ヒョウレイノマキゾク」

とか

「ヤマダハナコオシメン」

と表示されるのですけれども。

と、まあ

こんな風に自分のアイデンティティを

口座名で表現することもできちゃうわけです。

 

これらの使い道ですが、

 

例えば、ヤフーオークションなどで、セキュリティのために自分の本名を伏せたい、

そんな場合もあると思います。

 

10年ほど前は大抵の銀行で簡単に本名以外で作ることができたのですが、

マネーロンダリングなんかが社会的な問題となった結果、

現在では、ほとんどの銀行では本名以外で口座を開設することができません。

(会社等の法人を除く)

 

 

けれども、ある方法を使えば、ゆうちょ銀行で任意の名前で口座を開設することができるんです。

実際に めたにぃ も好きな名称で口座を作りました。

現在、ゆうちょ銀行では個人で口座を開設できるのは通常ひとつだけです。

しかし、これからご紹介する方法ですと、複数同時に開設することができるんです。

(ゆうちょ銀行は毎月5回ゆうちょ銀行間への無料振り込みが可能なので複数あれば便利ですよね)

その結果がこちら

 

 

 

 

 

 

 


SPONSORED LINK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つも作っちゃいました

2014-05-11_00h56_00

それぞれ、すごくお気に入りの名前で作れちゃいました\(^o^)/

どんな名前かは秘密ですけど・・・

(もちろんひとつは「メタボなニート」関連ですw)

 

その、ある方法とは

 

で、そのある方法なんですけど、

例えばグーグルで「好きな名前」 「口座開設」等で検索すると

方法を掲載されているサイト様があります。

しかし、

しかしですね。

それらの情報が広まった結果

どうやらゆうちょ銀行も、対策をしていて、

かなり規制が厳しくなってきているようです。

めたにぃ も他のサイト様を参考にゆうちょ銀行にダッシュしたんですけど、

追い返されました。

 

しかも、担当者によって言うことが違うんです。

最初に行った郵便局では、資料を準備して解説できるかを聞いたんですね。

すると

「できます」

って回答されました。

それで安心して、

別の局で開こうとしたら、拒否されたんです。

 

で、やる時は徹底的にやる(なにぶん時間だけはあるので)のがニートの流儀ですので、

あらゆる手をつくして、

ゆうちょ銀行の「基準」をかなりの精度で特定できました。

その結果が上記の写真の通りです。

 

そして、この記事を読んで、「自分も好きな名前で作りたい」と思った方、

すぐに行動して下さい。

おそらく、ゆうちょ銀行も近いうちにできなくなってしまう可能性が高いです。

 

で、苦労して解明した方法を、いつもこんなニートのブログを読んで下さっている読者様への感謝の気持ちとして、以下に記しておきますね。

 

まず、「自分の好きな名前」と表現しましたが、

正確には、

自分の好きな名前で設立した、

サークル名、つまり任意の団体の名称を

振り込み名義に表示できる、

ということになります。

 

余談ですが これらサークル等の任意の団体のことを

ゆうちょ銀行では

「人格なき社団」

という用語を使用しているようなんです。

 

で、局員さんは知らない人もいます。

マニュアルを見ながら開設の手続きをしていたりします。

だから、申し込むときに

「人格なき社団の口座を作りたいんですけど」

と伝えて下さい。

で「へ?」って顔をされたら、

「マニュアルに人格なき社団の口座開設方法が記載されていますからそれを確認して下さい」

と言えば先手をとることができるでしょう(笑)

 

さて、脇道にそれましたが、

自分の好きな口座名義にするためには、

必要な準備として、その名前を冠した団体を設立しなければなりません。

そして、その団体の「規約」「会員名簿」を作成することが必要です。

参考にさせていただいたサイト様には、一人でも団体として口座が開設できる、

と書かれていましたが、

2014年5月7日の時点で、通用しなくなっていました。

 

しかし、実際の所、活動しているのが1人でも、表現次第で開設することができちゃいます。

つまり俗に言う「幽霊部員」これがいればOKです。

ただし、実際に団体を存在させていなかったり、

会員がいないのに、いる、と書いていれば、

それは虚偽の情報で開設したこととなり、

違法行為となります。

なので

あくまでも団体は作らなければなりません。

団体を作るというのは、それがある、と主張すれば事足ります。

しかし、銀行からは、物理的な根拠として「規約」を求められます。

 

あとは、会員も必要なんですけど、

口座開設の瞬間だけ会員がいればそれで虚偽にはならないです。

どんな団体でも会員は増減しますから・・・

なので、団体を立ち上げ、規約を作って、活動資金を管理するために口座を開設した

しかし、

それがたまたま開設した直後にみんなやめちゃった

なんてことも実際にあり得ますよね。

で会員は自分だけになっちゃったけど手元には口座が残っている。

そういうことになります。

もちろん、その後また会員を集めても良いですし、規約の内容を変更するのも自由です。

とにかく口座を開設する瞬間だけは、すべて揃えておく必要があります。

 

そして、作成する「規約」にはある一定の条件があり、

それを網羅していないと蹴られてしまいます。

 

で、今回ニートはその規約に含ませるべき条件の(おそらく)全てを解明しました。

その条件は9つあります。

 

規約に含ませるべき9つの条件とは

以下の9つになります。

 

①団体の名称の定義

②所在地の住所

③団体の目的

④団体の役員の定義

⑤団体員の参加資格

⑥活動資金の管理方法の定義

⑦団体の運営要領

⑧設立年月日

⑨記載内容の代表者による証明と署名

 

 

これを文章で作成すると以下のようになります。

文章中の○○○○の場所は団体名となります。

例えば、ヤマダハナコオシメンという名義にしたければ、それを記述します。

 

————————–ここから——————————

 

○○○○規約

第一条 この団は、「○○○○」と呼称する。
第二条 この団体の事務局を、△△△△(自分の住所:身分証明書類と同じ住所)に置く。

第三条 この団体は、山田花子氏のファン同士の交流を図るとともに、会誌・会報などの創作物の発行を目的とする。

第四条 この団体の構成員は、○○○○の会員をもって構成する。

第五条 この団体は次の役員を置く。 代表者1名 副代表1名 会計1名

第六条 活動のための資金については、会計が管理を行い、毎年、定期的に代表者が確認を行うものとする。

第七条 団体の運営において、問題が発生した場合、または規約の改正が必要となった際には、会議を開催し、その議事は出席者の過半数の同意をもって決するものとする。

第八条 この団体の設立年月日を、平成△△年△△月△△日とする。

第九条 本規約は平成△△年△△月△△日より施行する。

 

この規約の記載内容について事実と相違ないことを証明する。

 

△△△△(自分の住所:身分証明書類と同じ住所)

○○○○代表者 ■■■■(自分の名前:身分証明書類と同じ名前) 印

————————-ここまで—————————

 

そして、会員名簿を作成します。

そこには 役職 名前 住所 電話番号 これを記載します。

規約に 代表者 副代表 会計 と記載したなら、

役職の部分に全て記入する必要があります。

 

これは恐らくですが、最低人数は2人でいけると思います。

その2人は 代表者 と 会計 これでいけるでしょう。

 

私は3つのサークル分の口座を作りましたが、

それぞれ会員は5名でした。

この5名は、ほとんどが急遽募集した会員でした。

ちなみに、私の場合、会員の住所や電話番号を記載していましたが

口座開設の際、会員への確認行為は行われませんでした。

 

そりゃそうですよね。そこまでする権限は銀行側にはないでしょう。

 

ただし、会計だけは常時連絡の付く人に任せた方が良いでしょう。

確認が行く可能性があるとすれば会計の方だけ、というのが私の分析です。

 

 

 

また、もしも最低人数となる2人で開設する場合、

会員数について局員の方から色々聞かれたら

「今募集中で、これからどんどん増えます」等と答えておけば良いでしょう。

 

複数同時につくるためには

 

今回私はは3つも作ったんですが、

複数同時に開設するためには

それぞれに規約と会員名簿を作成する。

これだけでOKです。

この際、代表者は全部自分ですよね。

重要な会計は確認の電話をかけられても常時対応可能な人

その人を3つの団体の会計に兼務させました。

つまり3つの会員名簿があって、5人の名前があるけれど、

そのうち代表者と会計2人の名前は全ての名簿で同じです。

これで大丈夫でした。

 

 

では最期に必要なものをまとめておきます。

 

準備するもの

①運転免許証・健康保険証などの本人確認書類

②印鑑(本人確認書類記載と同じもの)

③規約

④会員名簿

⑤最初に預け入れるお金(少額でもOK)

以上5点ですね。

 

 

とまあ、

そういうわけでして、

今回ニートは、

上記の準備のためにワードとエクセルで規約と名簿のデータを作成しました。

もしその雛形が欲しい方はコメント欄に「くださーい」って書いていただいたら差し上げます。

そして、どうしても自分以外に会員(特に確認の可能性がある会計)が集められない、

けど、好きな名前で口座が開きたい!

という方がいればその方もコメントに「会員が必要だー」って書いていただけたら

ご相談にのります。

 

以上です。

 

最期に、

おそらく近いうちにゆうちょ銀行も他の銀行と同じように

一定の条件を満たした法人(会社)以外は

個人名以外で口座を開設できないようになると思います。

やるなら今がチャンスです。

規制がかかる前に、

是非自分好みの団体を立ち上げ、

口座をゲットしていただけたらと思います。

 

 

この記事が皆さんのためになれば嬉しいです。


読んで下さり、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

この記事をシェアして頂けるととても嬉しいです (∩´∀`)∩

コメントを残す