日本縦断6日目~臼杵周遊~

みなさんこんばんは!

現在も日本のどこかで旅をしているメタボなニートこと、めたにぃ です。

 

6日目は、虚弱体質なニートの体力が限界に達したので、休養日です。

自転車や装備も整備が必要です。

しかし、せっかくですので少しだけ臼杵の町を散策しました。


SPONSORED LINK

 

まずは整備です。

リアキャリアのバッグが、タイヤと接触して穴が空いてしまいました!

DCF00531

 

ずたぼろ です。

DCF00532

 

問題点は、キャリアのアルミの枠の隙間から、バッグが重みで飛び出すことです。

DCF00533

キャリアの枠にはアルミのワイヤーで網を作りました。

 

破れた部分の補修のため、ダイソー様にダッシュです。

DCF00552

DCF00553

買ったのは補修用のナイロンシート、ソーイングセット、カットゴム、前カゴカバー×2、前カゴ用ネット、修理パンク剤 です。

 

破れた部分にナイロンシートを当て、適当に縫って修理完了です。

DCF00567

お裁縫が苦手なニートですが、なんとかなりました。

 

裁縫といえば、高校の時の家庭科の授業で、「エプロン作成」があったんですね。

友達はみんなエプロンを作ったんですが、ニートが作ったのは「ぼろきれ」でした。

どうしてこうなった・・・

そんなことを思い出しました。

 

 

さて、修理も終わったし、軽く臼杵周辺をまわります。

 

最初に向かったのは観光案内所です。

そこにはきっちょむランドの案内が・・・

DCF00534

きっちょむさんって、臼杵の人だったんですね。

DCF00535

子供の頃、きっちょむさんのとんち話が好きだったなあ・・・(遠い目)

 

臼杵といえば、臼杵城でしょう。

鎌倉以来の名家、九州探題まで昇りつめた大友宗麟公が築きました。

DCF00540

本丸は残っていません。

驚いたことに、この城は当時離れ小島だったそうです。

臼杵が城下町として発展するにつれ、埋め立てられ、今では完全な陸地にあります。

 

大友宗麟公は若い頃やんちゃでしたが、家臣に諫められ、

行動をあらため、次第に権勢を強め、

大友家を九州最大勢力にまで拡大します。

南蛮貿易を推進し、キリシタン大名としても有名ですね。

DCF00538

宗麟公が築城の祭にまつった稲荷神社がありあました。

DCF00539

朱色の鳥居が美しいですね。

DCF00537

今でも臼杵城を含めて大切にされているようでした。

 

 

城跡は公園になっており、中国拳法を練習している人がいました。

DCF00543

DCF00542

かっこいいですね。ニートも太極拳とかやってみようかしらん。

 

宗麟公のレリーフ

DCF00547

南蛮貿易を推進していた宗麟公が購入した、日本最初の大砲

DCF00546

その名も、「国崩し」

ネーミングセンス高し

 

因みに、

後年島津氏に攻められ、臼杵城に籠城した際にこの「国崩し」が火を噴き、

その威力を発揮したそうです。

お陰で臼杵城は落城を免れ、援軍を得て島津家を退けました。

 

同じく臼杵城趾に臼杵護国神社が

DCF00549

お参りしました。

市町村単位で護国神社があるなんて・・・

さすが九州、武人の国です。

 

復元された二の丸門(だったかな?)を見て城を後にしました。DCF00550

次は国宝を見に行きます。

 

 

 

その途中で見た三重の塔DCF00551

きれいなお花畑。ニートの頭の中のようです。DCF00554

 

市街地から4km程の所に国宝の石仏があります。なむ~DCF00556鎌倉時代以前に掘られたそうです。

柔らかい石質のため、

後代に頭が落ちてしまっていたようで、

その状態で長らくまつられていました。DCF00558昔の技術では、乗っけた後に固定するすべが無かったのでしょうね。

 

 

傍らに御利益の説明書きが・・・

2014-06-02_02h13_12

リストラ除けとは、さすが国宝、

現代人の悩みにもばっちり対応して下さいます。

ニート的には、

「ハローワーク祈願」

これも追加していただきたい、そう思う次第であります。

 

国宝を見てありがたくなったところで、市街に戻ります。

 

その町を知るには地元のスーパーが一番ですね。

DCF00563

このお魚、美味しかったですよ。安いですし。おすすめです。

 

次からは大分県民のネーミングセンスが爆発します。

まずは貝

DCF00564

「にーな」 551円です。

ニーナといえばドラマ「24」ファーストシーズンのラスボスですね。

ジャックバウアーがこれを見たら息を荒くしそうです。

 

そして、

ニート的にツボったのが、こちら

2014-06-02_02h15_04

「エッチがに」です。

大きな声で言えませんが、

再度確認してもやっぱり

 

 

「エッチがに」

 

 

なんですね。

 

これはちょっと問題だと思います。

食卓での会話がやばそうです。

 

そうですね・・・

例えば、タラバガニだったら、食卓での会話は以下のようになりますよね。

 

母「みんな、今夜のごちそうはタラバガニよ」

子「やったータラバだー」

父「お母さんどうしたんだい?そんなに奮発して」

母「だってなんだかタラバな気分だったから」

父「そうかい、じゃあ父さんも明日は会社でタラバパワー全開しちゃうぞ!」

子「やっぱりタラバは最高だね!」

 

これが、

「エッチがに」だとこうなるんですよ・・・

 

母「みんな、今夜のごちそうはエッチがによ」

子「やったーエッチだー」

父「お母さんどうしたんだい?そんなに奮発して」

母「だってなんだかエッチな気分だったから」

父「そうかい、じゃあ父さんも明日は会社でエッチパワー全開しちゃうぞ!」

子「やっぱりエッチは最高だね!」

 

・・・とこうなります。

お父さん、捕まりそうですよね。

子供も早熟になってしまいそうです。

 

大分県民、あなどれない。そう思ったニートでした。

 

 

今回お世話になったお宿は、「うすきゲストハウス」様です。

DCF00568

一泊2000円のドミトリーです。

必要なものは揃っているし、とても快適に過ごせました。

DCF00569

ラッキーなことに、ニート一人でしたので、のんびりできました。ありがとうございました。

 

ニートは休養をとってリフレッシュできたので、

旅を続けることができそうです。


読んで下さり、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

この記事をシェアして頂けるととても嬉しいです (∩´∀`)∩

コメントを残す